強靭化木材とは、細胞を破壊しないバイオ技術で防腐・防虫・不燃・防割・防曲の5機能を持つ長期保存型木材。

東大寺工事写真集

大林組の写真集

日本初の「部屋免震工法」で国宝を次代へ継承

平城遷都1300年祭で賑う奈良・東大寺で、仁王像で知られる国宝・ 南大門の近くに「東大寺総合文化センター」が完成しました。百数十点に及ぶ貴重な文化財を納める収蔵庫、国宝の日光・月光菩薩立像などを展示するミュージアム、国宝の文献などを所蔵する図書館、321人収容の金鐘ホールなどを備えています。

施工にあたっては、地下部に鎌倉時代の遺跡が存在することから、基礎部での免震ができず、建物内部での「部屋免震工法」を日本で初めて採用しました。摩擦振り子支承や粘性ダンパー、パンタグラフなどをシステム化することで、平城の隆盛を今に伝える収蔵庫と展示室の免振を実現しました。

境内に大仏殿や法華堂などの伽藍が建ち並び、今なお歴史を刻み続ける東大寺において、大林組は新しい免震工法を実現し、貴重な文化遺産の継承に貢献することができました。今後も最先端の技術を取り入れ、歴史的価値のある建築物や文化財の保存・再生に取り組んでまいります。

画像の説明
東大寺・総合文化センター正面

画像の説明
エントランスホール

画像の説明
サイドから見たセンター

画像の説明
小ホール

画像の説明
金鐘ホール

画像の説明
収蔵庫

三和建設(JV)の写真集

画像の説明
東大寺・総合文化センター 正面

画像の説明
正面

画像の説明
金鐘ホール

画像の説明
ギャラリー

画像の説明
エントランスホール

>> 強靭化木材
>> 東京五輪と旧浜離宮
>> バイオ乾燥機の現場説明会

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析