強靭化木材とは、細胞を破壊しないバイオ技術で防腐・防虫・不燃・防割・防曲の5機能を持つ長期保存型木材。

プロフィール

開発者のプロフィール

伊藤 隼夫

いとう としお

出生地;函館市

最終学歴;早稲田大学

在学中の留学先;マドリード大学[西)、バルセロナ大学(西)、ブザンソン大学(仏)、ケンブリッジ大学(英)



職 歴

25歳、富士通営業部

27歳、富士通コンピュータサロン・マネージャー(霞が関ビル)

28歳、富士通営業管理部、海外事業部、コンピュータサロン・マネージャーを兼務。

29歳、富士通初の海外駐在所長(マドリード)

30歳、富士通初の超大型コンピュータ(M-190)1号機~4号機をスペイン電電公社(テレフォニカ)に導入。

30歳、富士通初の海外合弁会社(富士通、スペイン工業省INI、スペイン電電公社テレフォニカ)を設立。

32歳、富士通初の海外コンピュータ工場建設(スペイン、マラガ)に従事。

35歳、富士通退社。米国シティバンクに入行(リース部営業部長)。

38歳、シティバンク退社、独立してヨーロッパにリース会社(Comlease社)を設立。

42歳、Comlease社をソシエテ・ゼネラル銀行(仏)に売却(M&A)。ピエール・マリー・キューリ大学医学部(パリ大学第6校)とのベンチャー会社(Neovacs社)に参入、株主兼取締役、エイズ・ワクチンの研究に入る。パスツール研究所(仏)とのエイズ治療薬共同研究に従事。

49歳、日本に(株)イムノバックスを設立。Neovacs社のアジア代表取締役。同時に、木材細胞内の水移動の研究に入る。

54歳、木で木を乾燥させる世界初のバイオ乾燥機を完成。製造・販売の開始。

63歳、日本初の薄厚(12mm)不燃木材(スギ)の国交省大臣認定書を取得。

63歳、世界初の薄厚(10mm)不燃木材(スギ)の国交省大臣認定書を取得。

65歳、日本初の高厚(12mm~50mm)不燃木材(スギ、ヒノキ)の国交省大臣認定書を取得。

65歳、社名を「日本不燃木材株式会社」に変更。

66歳、日本初の強靭化木材(ドブ漬け+バイオ乾燥)を宮内庁・皇居に納入。

67歳、強靭化木材が大型建造物に採用され始めた(東大寺、旧浜離宮など)。

68歳、バイオ乾燥材(スギ)が大型建造物に採用され始めた(新生・歌舞伎座、国立劇場、東京国立近代美術館、山梨県立図書館、新三重県立博物館など)。

68歳、会社を「日本強靭化木材株式会社」と「バイオ乾燥機株式会社」に分割。

69歳、自由民主党・国土強靭化総合調査会にて「国土強靭化と世界初の森林ゲノム研究」を発表。冊子「国土強靭化 日本を強くしなやかに」(国土強靭化総合研究所)でも発表。(清水信義・慶應義塾大学名誉教授とともに)

69歳、世界遺産の厳島神社(収蔵庫)にバイオ乾燥材(スギ)を納入した。

70歳、(現在)福島県国見町庁舎の新築工事に強靭化木材(スギ、アカマツ)を準備中。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析